ツアー雑感

11日埼玉葡萄館



憧れの富士山が見えたよ〜!
 

サービスエリアで横断幕を固定中。
 


チョコパの代わりにソフトクリームをゲット!!


朝6時45分に大阪を出発。それからみんなで車に揺られること10時間弱…
やっと埼玉熊谷の『葡萄館』に辿り付いた時は、車から降りても足元が揺れていた。
葡萄館には先にひるねこさんときゃさが待っていてくれた。二人の顔を見たら、急に安心。

葡萄館はビルの3階。窓が大きく開いていて、そこから夜景が見える。
また前日とは全然違った雰囲気…
さすがにみんなの顔に疲れが見えたけれど、でも、頑張らなきゃ…
ここにもみんなが聴きに来てくれるんだから…そう自分に言い聞かせる。
開演前に思わぬ人から電報を受け取った。都合で来れなかった人。
まだ会ったこともないのに、こんな見知らぬ土地で、私宛てに…なんかものすごく感激し、力が湧いた。

 

風丸さん
 

独酔舎さん
どこか「江戸」の粋を感じさせるシャレがある。
ほんの1曲に賭けるものすごい集中力、弾力を感じる演奏。
楽しみにしてくれてはった気持ちがバネのように伝わってくる。


 

HIKIのひるねこさんときゃさ
語りかけるようなフレーズ。
 

やなぎさん





カンチの演奏は私まで緊張してしまっていて
気がついたらカンチのソロの写真を撮るのをすっかり忘れていた。^^;)




『ヘルプレス』


『ウェイト』



様になってきている。

葡萄館には14人の人達が駈け付けてくれた。
見知らぬ土地に出かけ、そこに知った懐かしい顔がある、暖かい場所を確保して助けてくれる人達がいる、
いろんな形で応援してくれる人達に囲まれていることを幸せに感じた。
ここにはカンチの兄夫婦も来てくれていて、カンチは緊張しまくり。それが私にも飛び火して私まで緊張しまくり。(笑)
お兄さん、お姉さんにライヴがどう届いたかを聞いてみると
 風丸さん…唄を届け: やなぎさん…詩を届け: カンチ…話を届け: そういう感想をもらった。なるほどね…(^-^)

ライヴが終わって、横浜の風丸さん宅に辿り着いたのは、もう2時を過ぎていたけれど
そこには寝ないで待ってくれていたyukoさんの姿があった。
夜食の手作りチーズがとびきり美味しかった。
それからまた少し、ライヴの余韻をクールダウンするのに時間がかかる。

10/10 大阪DOVE-TAIL  10/12横浜グッピー

inserted by FC2 system